シャンプーを替えれば肌が変わる!髪質に合ったシャンプーを選ぼう!

シャンプー選びは「髪のお悩み別」にすると成功しますよ!

ダメージヘア(敏感肌)でお悩みの方

髪がパサついていたり、

切れ毛などがよくできる場合には、アミノ酸系シャンプーがおすすめです。

洗浄力は弱いタイプでもこの場合は髪の修復が第一と考えて下さい。

 

「ココイル系」のアミノ酸系シャンプーが良いと思いますが、

予算に余裕があるのであれば、メチルアラニン系のアミノ酸系シャンプーを使うと尚良いですね。

 

市販のシャンプーの中から選ぶとすれば、

シリコンシャンプーもダメージヘアにはおすすめです。

 

髪をコーティングすることで、

今以上のダメージから髪を守ってくれる働きがあります。

 

➡アミノ酸シャンプー BEST10へ

 

 

抜け毛や頭皮改善のお悩みの方

 

「最近抜け毛が気になるなあ…」

一定の年齢をむかえた男性なら、こんな悩みを持つ人は少なくないでしょう。

 

女性でも、出産・ストレス・加齢などで

「気づいたら髪が薄くなっていた」なんて方もいらっしゃると思います。

抜け毛の主な原因は、

「頭皮環境の悪化、血行不良や栄養不足、ホルモンの影響」などがありますが、

中でも頭皮環境の悪化は、毎日のシャンプーで大きく改善することができます。

育毛剤を使う前に、

シャンプーの選び方や髪の洗い方を工夫して抜け毛対策をしましょう。

 

➡頭皮改善シャンプー BEST7へ

 

 

フケ対策にお悩みの方

フケが起こる人におすすめなのは、アミノ酸系シャンプーです。

・ベタイン

・イミダソリ

・塩化アルキルトリメチルアンモニウム

・グルタミン

などの成分がこれに当たりますので、

成分表にこれらの記載があるものはアミノ酸系シャンプーと判別できます。

アミノ酸系は洗浄力が強すぎず、頭皮にも刺激を与えにくい成分ですので、

乾燥肌・皮脂症・アトピーでも使用できます。

 

➡フケ対策シャンプー BEST5へ

 

 

脂性肌にお悩みの方

頭がなんだかベタベタする脂性肌。

頭皮がベタベタするとなんだか不潔に見えますし嫌ですよね?

 

しかもベタついた頭皮は

・フケ
・かゆみ
・頭皮のニオイ

などのさらなるトラブルを招く引き金にもなります。

そんな頭皮トラブルを起こす前に、シャンプーを変えて脂性肌とおさらばしましょう。

 

どんな人でも頭皮はある程度脂が出ています。

 

皮脂は体バリア機能を果たし、細菌や刺激から頭皮を守ってくれて、

髪にも適度な油分を与えて艶や手触りをよくしてくれますが、

 

脂性肌の方はその皮脂が過剰に分泌されて頭皮がベタついてしまいます。

 

➡脂性肌用シャンプー BEST5へ

 

 

抜け毛が気になり薄毛でお悩みの方

 

石鹸シャンプーをおすすめします!

 

頭皮へは低刺激ですが洗浄力は強い

石鹸シャンプーは余計な成分が含まれていないので

低刺激で使えるのが特徴ですが、それに加えて洗浄力も高めという特徴を持っています。

 

優れた洗浄力は石鹸ならではの効果があるのです!

 

アルカリ性の特徴を持つ石鹸シャンプーは、

油脂やタンパク質などの汚れと反応しやすいので、頭皮の汚れを効果的に洗えるのです。

 

すっきり感が強く、洗い上がりもさっぱりしやすいです。

 

アレルギーが起こりにくい

石鹸シャンプーは天然素材を用いた物が多く、シンプルな構成ゆえにリスクが低いです。

余計な物を含んでいないので優しいヘアケアができ、他とは違う快適な使用感があります。

 

石鹸シャンプーはどんな人におすすめ?

・抜け毛が気になり薄毛対策をしたい人
・頭皮が油っぽいためすっきりさせたい人
・髪の毛が本来持つ美しさを取り戻したい人

 

➡石鹸シャンプーの詳細へ

 

 

硬い髪質でお悩みの方

硬い髪質用シャンプーの選び方のコツは大きく4つです。

 

1.アミノ酸シャンプーが効果的

最も髪にダメージを与えず、

乾燥させにくいのは『アミノ酸界面活性剤』を使ったシャンプーです。

アミノ酸系界面活性剤
ココイル~
ラウロイル~

と表記されているものがアミノ酸シャンプーです。

またベタイン系(コカミドプロピルベタイン)なども低刺激なのでおすすめです。

 

2.オイルイン・シャンプーを選ぶ

髪に油分を補給すると柔らかくしなやかな質感に近づけることができます。

オイルインシャンプーは種類もたくさんありますが、

中でも『油脂』系のオイルを配合したシャンプーがおすすめです。

・アルガンオイル

・バオバブオイル
・ココナッツオイル

など植物由来のオイルです(ホホバ油は油脂ではないですが、例外的にOK)

 

油脂のいいところは人の皮脂に限りなく近い成分であること。

あなたも『1日髪を洗わなかった日の髪の方がまとまって良い感じ』

と思ったことがありませんか?

 

あれは皮脂が髪に油分を補給し、

しっとり感を出してくれるからで皮脂こそ最高のトリートメントなんです。

 

すごく簡単に言えば、油脂入りのオイルシャンプーは1日洗わなかった時のあのまとまりを人工的に作れるシャンプーという訳ですね。

髪が広がりやすくヘアスタイルの収集がつかない方におすすめです。

 

3.保湿成分配合で髪の水分バランスを整える

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分を

髪に補給するとくせやうねりをマシにすることができます。

 

傷んだ髪にはダメージホールという穴があき、ここから栄養成分や水分が逃げるため、髪の水分バランスが崩れます。

 

この水分バランスの崩れがくせやうねりの原因になりますので、

保湿成分で水分を守りましょう。

ほとんどシャンプーには保湿成分が配合されていますが、

・トレハロース

・ヒアルロン酸
・加水分解コラーゲン

などの表記があるか念のためチェックしてみましょう。

 

4.油分と水分が逃げないようにする

油分と水分を髪に補給したら

仕上げに髪をコーティングして逃げないようにすることで持続力が高まります。

 

コーティングというとシリコンが有名ですが、実は今はシリコンにかわって髪をコーティングする天然成分があります。

・メドウフォーム-δ-ラクトン
・γ-ドコサラクトン
・エルカラクトン

という植物由来のオイル(油脂ではなくエステルの一種)で、髪をコーティングし、

保護しながら湿気も防ぎ髪がうねるのをおさえてくれる成分。

 

この成分が配合されているシャンプーは少し高いですが、剛毛くせ毛や髪を柔らかくするためには欠かせない成分ですので要チェックですよ。

 

➡硬い髪用シャンプーBEST5へ

 

 

髪がペチャンコでボリュームアップしたい方

女性の中でよく声を聞くのが「髪が少なくてぺたんとする」ということです。

髪が少ないとヘアスタイルが決まらなかったり地味に見えたり、老けて見られることも多いようです。

 

実際に、産後や年齢を重ねてホルモンバランスが崩れると髪が抜けてしまってボリュームがなくなったり頭頂部が薄くなってしまったりと髪を大事にしている女性なだけに髪の量が少なくなってしまった時の対処にとても悩まれている方が多いように思います。

 

30~40代になると、育児や家事、仕事などが忙しく、なかなか自分のことにまで手が回らなくなることも多いですよね。

髪の毛も身体の一部ですから、生活習慣の乱れも原因になっています!

 

生活習慣によって髪が細くなる原因は大まかに分けて3つ。

・髪の栄養不足

・睡眠不足

・ストレス

そのほかにも、脱色やカラーリング、パーマを繰り返すと、髪のボリュームダウンだけでなく、抜け毛に発展してしまう可能性もあります。

 

カラーリングやパーマに使われる薬剤の刺激により、髪は深刻なダメージを受け、さらに頭皮にも大きな負担をかけてしまうからです。

 

➡ボリュームUP用シャンプーBEST5へ

 

 

汗っかきでニオイが気になる方

 

汗っかきの方には、

ズバリ「炭酸シャンプー」がおすすめです!

 

炭酸シャンプーの仕組み

炭酸シャンプーとは、その名のとおり、成分に炭酸を混ぜ込んだシャンプーです。
炭酸には、二酸化炭素が含まれています。

 

二酸化炭素が体内に取り込まれると、血中の二酸化炭素濃度が高くなり、

「酸素が足りない」と判断した身体は、酸素濃度を高めようとして、

血管を広げるため、血流が良くなり、血行を促進するのです。

 

また、炭酸の小さな泡が、頭皮の汚れ、

毛穴に詰まった皮脂に吸着して、浮かび上がらせます。
シャンプーを洗い流した際に、泡と一緒に、汚れや皮脂が流れるのです。

 

炭酸シャンプーの効果

炭酸シャンプーには、血行を促進する、汚れや皮脂を落とす効果があります。

 

★健康的な髪になる

血行を促進することで、髪に酸素と栄養が行き届きやすくなり、

失われたツヤやコシ、ボリュームがよみがえって、健康的な髪になります。

 

★毛穴に詰まった汚れを落とす
パーマをかけたり、髪を巻いたりする方は、毎回整髪剤を使いますよね。
夏は、髪の日焼け止めスプレーを使う方も多いのではないでしょうか。

 

整髪剤や日焼け止めスプレーは毛穴に詰まりやすく、毛穴が詰まっていると、

皮脂が正常に分泌されなかったり、老廃物の排出が妨げられたりします。

 

また、多くのシャンプーには、髪をコーティングするシリコンが含まれています。
シリコンは、髪をサラサラにしたり、指通りを良くしたりする成分なので、シャンプーには欠かせないのですが、シリコンが毛穴に詰まってしまうと、頭皮が痒くなったり、発毛を悪くしたりするなど、頭皮に問題が生じます。

 

このような頭皮環境の乱れは、ニオイやフケの原因になります。
夏は汗をたくさんかいて、ただでさえ、ニオイが気になる季節。
身だしなみを整える習慣が原因で、毛穴が詰まるなんて嫌ですよね。
日々蓄積された汚れは、普通のシャンプーでは落とせません。

 

炭酸シャンプーを使えば、炭酸シャンプーに含まれている炭酸の泡が、毛穴に詰まった汚れ、シリコンにくっつき、浮かび上がらせて、洗い流してくれます。

 

★髪のphを整えてくれる

小学校で習った、酸性、中性、アルカリ性。
炭酸シャンプーは弱酸性ですが、髪が何性かご存知でしょうか。

 

髪は弱酸性なのですが、

パーマ液やカラー剤は強酸性、または、アルカリ性です。

 

パーマやカラーを繰り返すと、髪や頭皮のph値が乱れます。

 

また、一般的なシャンプーも、酸性、または、アルカリ性で、パーマ液やカラー剤ほどではありませんが、毎日使い続けることで、髪や頭皮のph値が徐々に乱れます。

そこで、髪と同じ弱酸性の炭酸シャンプーを使うことで、頭皮の乱れたph値が正常に戻るのです。

 

➡炭酸シャンプーBEST5へ

 

 

AGAでお悩みの方

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で、

男性ホルモン型脱毛症(男性型脱毛症)のことです。

 

男性型脱毛症とは、成人男性特有の進行性の脱毛症で、生え際や頭頂部の毛髪が薄くなったりするのが特徴で、遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因だと言われています。

 

特に20代以降の男性に多く見られ、日本人男性の3人に1人がAGAだと言われています。

 

AGAは治療せずに放置すると進行していきますので、早めの治療が大切です。

 

AGAは「なんとなく」進行する

なんとなく、枕元の抜け毛が多くなってきた気がする
なんとなく、髪の毛を洗ったり乾かす時に抜け毛が多くなってきた気がする
なんとなく、髪の毛が細くなってきたような気がする
なんとなく、頭頂部もしくは額が薄くなってきたような気がする

上記のように感じてきたら、AGAが既に進行している状態です。

AGA・薄毛が進行する前に、なんとなくと感じて来たら専門病院で相談しましょう。

 

シャンプーでは増毛はできませんが、予防は可能です!

 

➡AGA予防シャンプー BEST5へ

 

 

白髪でお悩みの方

白髪の原因ってなに? 

① 食事の影響
髪の色を作り出す色素細胞にはメラノサイトが必要です。

そのメラノサイトの生成に不可欠なのがチロシナーゼと呼ばれる酵素です。

 

しかし栄養バランスが崩れたり、コンビニ弁当など添加物の多い食事ばかりしていると、栄養が偏りチロシナーゼのはたらきに影響を及ぼし白髪の増加につながります。

 

② ストレスの影響
ストレスは自律神経の乱れを起こして血流も悪くさせます。

すると頭皮の毛細血管からの栄養や酸素が行き渡らず、

特にミネラルである銅の不足が起きチロシナーゼの合成ができないため色素が付かなくなり白髪の原因になります。

 

予防としては、頭皮マッサージを行いリラックスを心がけましょう。

また、規則正しい生活を行い、十分な睡眠をとることも日頃からできる簡単な予防対策なのです。

 

③ 嗜好品の影響
お酒やたばこも白髪の原因になります。

飲酒によりミネラルである銅を消費します。

 

そのため髪を着色する役割を持つ酵素チロシナーゼが不足して白髪が発生します。

また、喫煙は毛細血管を収縮させるため酸素や栄養が頭皮にまで行き渡らなくなります。そのため白髪が発生しやすくなるのです。

 

白髪予防のためには飲酒や喫煙は極力減らすことをおすすめします。

 

白髪を減らすためにできる生活習慣

① バランスの良い食事習慣を心掛ける
バランスの良い食事を心がけるとともに、

髪の毛を着色する役割に必要な栄養素をおぎないましょう。

・銅……主に納豆、大豆、サツマイモ、玄米、プルーンなどに含まれる
・ヨード……主に海苔、昆布、ワカメなどの海藻類やイワシ、ブリなどに含まれる
・チロシン……チーズ、エビ、カニ、ココアなどに含まれる

 

②十分な睡眠をとる
特に夜、午後10時~午前2時は成長ホルモンが活性化される時間帯です。

質のよい睡眠をとることで、

細胞が修復され白髪の改善も期待できる可能性があります。

 

快適な睡眠をとるためには、

寝る前はパソコン、携帯のブルーライトを浴びないように意識しましょう。

 

③紫外線対策
紫外線の影響を受けることで白髪の発生にもつながります。

日頃から外出時にはUV対策用の帽子を被るなど頭皮と髪を守ることが大切です。

 

➡おすすめ白髪染めへ

 

 

オールインワンシャンプーが欲しい方

高いシャンプーがいいのはわかるけど、もう少しコスパがいいの欲しいな?

という方には、オールインワンシャンプーがおすすめです!

 

髪の保湿や保護を行うリンス機能と、髪や頭皮の汚れを落とすシャンプー機能が一本になっているのがオールインワンシャンプーです。

単純に半額でいいと同じですから経済的ですよね!

 

別々のモノに比べると、それぞれの機能がバランスよく配合されているので、

荷物が少なく済み、自宅でのデイリーケアはもちろん、外出先でのヘアーケアとしても使用できます。

 

仕事で疲れている時や、限られた時間の中であまり時間をかけたくない時におすすめです。

一昔前のオールインワンシャンプーは洗い心地がギシギシとするものもありました。最新のものは逆に頭皮の汚れも取りながら髪を保護してくれる機能性に優れたものが多く存在しています。そのままヘアパックが出来るアイテムもあります。

 

今こそ、時短で高機能なオールインワンシャンプーを是非使ってみて下さい!

 

➡All in oneシャンプーBEST5へ

 

 

自分専用のシャンプーが欲しい方

 

世界に一つだけの自分専用

シャンプーとトリートメントがオーダーできるサービスが

 

「MEDULLA(メデュラ)」と

「MIXX(ミクス)」です!

 

質問に答えるだけで、多くの処方のなかから自分にぴったりの専用シャンプーを購入できるという日本初のシステムです!

 

スマホひとつで、自分専用のシャンプーをオーダー

一人ひとりの髪の悩みや要望に合わせて処方が異なるオーダーメイドです。

 

オンライン上で髪の長さ、

髪質やなりたい髪などに関する質問に答えるだけです。

 

商品は注文から1、2週間で配送されるスピーディさも魅力になっています。

日本で初めてのシステムです。

 

➡MEDULLA  シャンプーへ

 

➡MIXXミクスシャンプーへ

 

髪質によってシャンプーを正しく選びましょう!

□あなたは、どんな基準でシャンプーを選んでいますか?

□その選んだシャンプーは、本当にあなたの髪質に合っていますか?

□正しいシャンプーを使うと、

髪や頭皮だけでなくお肌も健康になるってご存知ですか?

 

とにかく安いから

安いということは、アルコール系洗浄剤を多く含んでいます。

この種類のシャンプーは市販品に多く、頭皮を痛める可能性があります!

1番使ってはいけないシャンプーです。

 

洗い上りがサッパリするから

これもアルコール系洗浄剤が多いと、異常にサッパリ感があります。

必要以上に頭皮を洗い過ぎていて、かゆみやフケの原因となることがあります。

 

ボトルのデザインが可愛いから

もちろん可愛いデザインはうれしいのですが、ひどいシャンプーなどは

中身が同じでボトルだけ変えた新製品を出してきます。

必ず「成分」を確認しましょう!

 

大好きな芸能人がCMに出ているから

正直言って、TVCMに出ている芸能人は

そのシャンプーは使用していないと思いますよ!

 

車のCMなどもそうですが、その車には乗っていませんよね!

 

とにかくTVCMは「イメージ」だけですから・・・

 

 

 

シャンプー選びは、みなさんが思っているより重要で大切なんです!

 

特にシャンプーに多く含まれている洗浄剤が頭皮に悪影響を起こす可能性があるのです。

 

自分に合った「正しいシャンプー」を使えば、肌まで変わるのです!

 

ヘアケアでは「傷つけない」ことが重要

髪は爪と同じで、傷がついても自己修復する力がありません。

一度傷ついたら治る事はないのです・・・

 

だからヘアケアでは「傷つけない」って事が大切になってきます。

そこで、どういうシャンプーを使っているかが物凄く重要になってくるんです。

 

市販のシャンプーは髪の毛に残りやすく洗浄力も強いので、

頭皮や髪に残り続けて常にダメージを与え続けます。

 

 

 

カラーやパーマをされている方だと

ダメージを気にしてトリートメントも一緒にする方が多いと思います。

 

確かにトリートメントで手触りや色持ち、パーマの持ちも良くなるでしょう。

 

 

でもそのせっかくのトリートメント

安価なシャンプーを使っているとすぐに落ちてしまいます!

 

物凄く勿体無いんです!

 

美容室でトリートメントをしても

市販のシャンプーを使っている方って結構いるんですね。

 

トリートメントを1回休んででも先に良いシャンプーを買いましょう。

そうすれば同じコストでよりキレイな髪を手に入れられますよ♪

 

シャンプーの役割

髪のケアの中でシャンプーの役割は、キューティクルをサポートすることです。

 

 

最近のヘアケア用品には、髪質をよくするための成分が多く含まれていることがあります。

その成分というのがシリコンです。

 

 

 

シリコンは、酸素とケイ素などから生成された有機化合物であり、熱や光に強く柔軟性があるためさまざまな商品に応用が利く素材となっています。

 

シャンプーやコンディショナーなどに使われるシリコンは、

髪をなめらかにして指通りを良くしてコーティングしてくれます。

 

この成分は、摩擦に弱いキューティクルを守ることができると言われています。

 

またダメージのある髪をケアしてくれるシャンプーとして

シリコンを含んだものは有用と言えるでしょう。

 

 

ここで気をつけなければならないのが、シリコンに対する正しい知識です。

シリコンが毛穴に詰まったり、頭皮にダメージを与えたりということはありませんので、間違った情報や知識を入れないようにしましょう。

 

シリコンは、頭皮や毛髪にかける負担はなく、かゆみや抜け毛の原因にはなりません。

2019年現在はノンシリコンブームですが、しっかりと正しい知識を学びましょう!

 

シリコンの役割とノンシリコンブームの理由

 

そもそも「シリコン」って何ですか?

シリコンは地球の主要な元素のひとつ、ケイ素に化学的処置を加えた合成樹脂です。

人体に影響がないことから身近な食品の加工、医薬品にも利用されています!

 

 

シャンプーに使用されるのは指通りをなめらかにして

髪の摩擦やダメージを軽減させるためです。

 

シリコンは洗い流さないトリートメントやヘアワックスなどのヘアケア製品のほか、

日焼け止めやファンデーションなどの化粧品にも配合されています。

 

ちなみに、よくシリコン(silicon)と言われることが多いですが、

これはケイ素のことを指す言葉。

 

合成樹脂はシリコーン(silicone)と呼ぶのが正しく、

「シリコーンシャンプー」が正式名称になるのです。

 

ノンシリコンシャンプーが注目される理由

ノンシリコンシャンプーが人気になるずっと前から、

シリコンを使っていないシャンプーはたくさんありました。

 

急に注目されるようになった理由のひとつは、近年のオーガニック・自然派志向です。

 

カラダに優しいものや天然素材に注目している人たちが増え、

海外のブランドが続々と上陸したことも一因にあります。

 

また、スカルプケアが注目され、

サッパリとした洗い心地を好む人が増えたことも理由のひとつ。

 

新たに根付いたそれらの価値観が、

ノンシリコンシャンプー人気を押し上げているようです。

 

スカルプケアとは?

 

 

 

スカルプは日本語で頭皮、頭の地肌のことをさす言葉です。

 

ここでは誤解されやすいスカルプケアの正しい意味や、

おすすめのスカルプケアについてご紹介します。

 

スカルプケアの意味とは?

頭皮は皮脂の分泌量が多く、

全身の皮脂のうち半分以上が頭皮のものであると言われています。

 

また、頭皮は新陳代謝が活発で、汗の量も多いと言われています。

 

頭皮は全身の中でもとくに汚れやすい環境だと言えますが、常に髪の毛で覆われているため汚れを取り除くのが難しく、トラブルの起きやすい場所です。

 

頭皮トラブルを予防するためには、毎日のスカルプケアが必要です。

 

スカルプケアを行なうことで頭皮の血行が改善され、

栄養が行き渡りやすくなるというメリットもあります。

 

頭皮トラブルの予防や改善だけでなく、

髪の毛が元気に成長するための環境作りのためにもスカルプケアは大切です。

 

シャンプーの選び方

 

シャンプー選びの基本

 

洗浄成分

アミノ酸の洗浄剤を選びましょう。

低刺激で頭皮と髪に必要な潤いは残しつつ、汚れを落としてくれます。

 

美容効果

ボタニカル成分配合のシャンプーは美容効果が高くおすすめです!
こまめに美容室に行かなくても、ツヤツヤ・さらさらの髪に。

 

コスパ

値段はピンキリです。

毎日使うものだからこそ、コスパが良いものを選びましょう。

 

 

すべての人に合うシャンプーはありません!

 

シャンプーの選び方は、人によって違います。

 

なぜなら髪質が人によって違うからです。

しかし、シャンプー選びの基本として、頭皮や髪に刺激が少ないものを選ぶといいでしょう。

 

刺激が強いシャンプーだと頭皮の働きにまで影響が出てしまうこともあります。

 

頭皮は非常にデリケートな部分で、髪の土台となる部分です。

そのためシャンプーは刺激が少ないものが良いのです。

 

1番理想のシャンプーの選び方は

 

出来れば1~2年かけて、評判の良いシャンプーを試してみることです!

 

自分に合ったシャンプーを見つけることは、思っている以上に大切なことなんです。

毎日の生活の中で、髪が気持ちよくなっているときは本当に楽しくなります!

 

良いシャンプーは頭皮の健康をもたらし、お肌の健康まで影響してくるのです。

 

 

自分の髪質をチェックしてみよう!

 

 

指に巻き付ける

髪の毛を1本手に取り、指に巻き付け10秒ほど待ちましょう。

髪が短くて判断できないというかたは軽く曲げて10秒ほど待ち、判断しましょう。

 

ほどいたときに髪がまっすぐに戻る方は硬い髪質。

逆に巻いたあとが残るようであれば柔らかい髪質です。

 

手触りで判断する

手触りにも違いが出てきます。自分の髪を根元から軽く触ってみましょう。

 

根元が少しザラザラとした感覚であれば硬い髪です。

ツルツルとする、サラサラとした感触があれば柔らかい髪です。

 

濡らして判断する

濡らすことによっても判断することができます。

髪を濡らしたら軽くタオルで水気をとります。

 

髪にまとまりが少なければ硬い髪。

しっかりまとまっていれば柔らかい髪です。

 

髪の毛の構造

 

 

髪に合ったシャンプーを選ぶためにもまずは髪の構造を把握することが大切です。

 

髪の断面図を見ると三つの層に分かれています。

 

 

キューティクル(毛表皮)

一番外側の層は、「キューティクル」と呼ばれています。

この単語になじみのある方も多いかと思います。

 

美容室でよくキューティクルがないと聞く方もいるでしょう。

このキューティクルというのは、髪の表面を魚のうろこのように何枚も重なっています。

 

 

日本人の平均は、大体5~6枚重なっていると言われています。

この重なり具合が、手で触った時の感触や指通りなどに影響してくるのです。

 

きれいに重なっていれば問題ありませんが、

ダメージなど外部の刺激によって剥がれ落ちてくると髪がごわついたりします。

 

コルテックス(毛皮質)

 

キューティクルの次にある層は、「コルテックス」と呼ばれる層です。

 

コルテックスは、髪の構成する中で最も多くを占めており、重要な部位となっています。

髪に影響するのは、太さや色などと言われており、主要成分はタンパク質になります。

 

コルテックスにダメージが出ると髪のツヤや潤いに影響が出てきます。

そのためコルテックスは髪をきれいに見せるうえで重要な部分なのです。

 

メデュラ(毛髄質)

 

髪の最後の層にあるのは、「メデュラ」と呼ばれる部分です。

 

メデュラは髪の芯になる部分であり、髪の太さに影響がある部分と言われています。

しかし、キューティクルやコルテックスと違いまだ謎に包まれている部分が多く解明されていないのが現状です。

 

 

髪は、

 

「キューティクル」

「コルテックス」

「メデュラ」

 

の三つによって構成されており、

 

シャンプーやドライヤー、日常生活のケアはこれらを意識した上でサポートしていかなくてはなりません。

 

しかし、人によって髪の層にも違いがあります。

 

キューティクルの層が厚かったり、

コルテックスの部分が細かったりなど個人差があるのです。

 

 

硬い髪質に合うシャンプー

 

 

硬い髪質の方は、剛毛で思ったようにヘアスタイルが決まらない、

もっと髪を柔らかくしたいと悩んでいる方がいます。

 

硬い髪質を持った方は、髪の構造であるキューティクルの層が厚いケースがあります。

 

例えば一般的な髪の柔らかさを持つ人のキューティクルが

3~4枚程度の層だとすると、剛毛の人は、5枚以上になっています。

 

しかし、キューティクルの層が厚いからと言って悪いことではありません。

それだけしっかりと髪を守ってくれるということなのです。

 

 

髪を柔らかくする成分としてあげられるのはセラミドです。

 

セラミドは、髪に潤いとなめらかさを閉じ込めるはたらきがあります。

 

 

次に重要なのは、ナチュラル・モイスチュアライジング・ファクター(通称NMF)です。

このNMFは、水分を髪にとどめておくことが可能な成分なのです。

 

元々髪や肌に含まれている成分ですが、人によって含まれている量が違います。

また髪や肌へのダメージによって失われる成分でもあるので、コラーゲンやヒアルロン酸などのケア用品でNMFをサポートしましょう。

 

柔らかい髪質に合うシャンプー

 

 

髪質が柔らかい人は、ボリュームが少ない、薄毛になるかもしれないと考えています。

 

これらの原因の多くは、毛穴のつまりや元々の髪質、年齢による髪質の変化などです。

髪の構造は、硬い髪質の人よりキューティクルの層が薄いのです。

そこで柔らかい髪質の人は、キューティクルの働きをサポートする植物油(オリーブ油や植物オイルなど)シリコンなどを含んだシャンプーを使うと効果が期待できます。

 

もちろん髪を構成するタンパク質に作用するアミノ酸も忘れないようにしましょう。

 

 

➡2019年版おすすめシャンプーBEST20へ

 

乳酸菌で頭皮環境正常化!BUBKA スカルプケアシャンプー

BUBKAスカルプケアシャンプー頭皮の為のアミノ酸シャンプー

BUBKA スカルプケアシャンプー

このシャンプーは、乳酸菌スカルプケアの新発想で、
生える土台である頭皮を健康にするシャンプーです!

ポイント1

頭皮の強さを引き出す乳酸菌バイオジェニックスの働き

頭皮に必要なうるおい菌を増やす事ができる乳酸菌を配合する事で、
頭皮の常在菌バランスを整える事ができる事にたどり着きました。
乳酸菌で自信の持つ頭皮のポテンシャルを上げる事ができます。

 

ポイント2

7種のアミノ酸洗浄成分を独自配合

BUBKAでは、育毛の為に何ができるのか?を徹底的に考え
「ただ洗うだけではなく、洗いながらも頭皮を守ること」という結論に辿りつきました。
その結果、頭皮や髪の構成成分に近いアミノ酸洗浄成分をベースに、ボリューミーな泡立ち、高い保湿力、汚れをしっかりと取る洗浄力の共存を追求し、
7種類のアミノ酸洗浄成分をブレンドすることで「洗浄を潤いに変える」事に成功いたしました。

 

ポイント3

3つの育毛シャンプーならではの「こだわり」をプラス

①業界初!オイルケラチンを配合
ハリ!コシはもちろん見た目ボリュームをアップ

②頭皮をケアするキャピキシルと4つの植物エキスを配合
5αリダクターゼをアタックする成分を配合し、抜けない頭皮環境をつくりだす。

③これ一本でOK!オールインワン処方
しっかりと汚れを落としながらも潤いを残しているのでトリートメントなしでもしっとりさらり。

 

BUBKA スカルプケアシャンプー全成分

成分:水、コカミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、ミリストイルメチルアラニンNa、コカミドDEA、プロパンジオール、塩化Na、ココイルメチルタウリンNa、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルグルタミン酸Na、ココイルグルタミン酸2Na、ココイルトレオニンNa、温泉水、サピンヅストリホリアツス果実エキス、エンテロコッカスフェリカス、ゼイン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、リン酸アスコルビルMg、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、セロリ種子エキス、セージ葉エキス、ヒマワリ種子油、マロニエエキス、フユボダイジュ花エキス、ローズマリー葉エキス、アセチルテトラペプチド‐3、アカツメクサ花エキス、デキストラン、イソステアロイル加水分解ケラチン(羊毛)、グリチルリチン酸2K、アーチチョーク葉エキス、PCA‐Na、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、PEG-2カプリリルアミン、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ココイルアルギニンエチルPCA、カプリル酸グリセリル、DPG、イソノナン酸イソノニル、ポリクオタニウム‐10、BG、ポリクオタニウム‐48、エチルヘキシルグリセリン、ポリクオタニウム‐47、クエン酸Na、乳酸Na、クエン酸、EDTA‐2Na、フェノキシエタノール、香料

 

成分評価・解析

漢方エキスを配合した、育毛剤メーカーのシャンプー

洗浄成分は、スカルプシャンプーでは珍しくマイルドな作りに一貫している。

・ココイルグルタミン酸TEA
・ラウレス-4カルボン酸Na
・コカミドDEA
・コカミドプロピルベタイン
・ラウロイルメチルアラニンNa

洗浄成分は、スカルプシャンプーとは思えない程マイルドです。
とはいえ、「ラウレス-4カルボン酸Na」が適度な洗浄力を発揮しているため、とてもバランスの取れた配合になっています。

 

頭皮への有効成分

ヒアルロン酸Na
グリチルリチン酸2K
甘草エキス
アルギニン
アスパラギン酸
PCA
グリシン
アラニン
セリン
バリン
プロリン

「血行を良くする」「頭皮を整える」「刺激の緩和」「かゆみやフケの防止」などに期待が持てる成分が並びます。

 

中でも嬉しい成分として、

・ヒアルロン酸Na
・アルギニン
・プロリン

・ヒアルロン酸Na

は、皮膚によく吸収されてのびが良くベトつかず、角質層の水分量を高める効果がある。
空気中の湿度に左右される事なく、その保湿性を一定に保つという特性がある。

アルギニンは、アミノ酸の中では最もアルカリ度が高く、保湿効果や血行促進に期待が持てる成分。

プロリンは、保湿効果の他にコラーゲン合成促進、脂肪燃焼効果、コンディショニング作用がある。

 

14種類の和漢漢方エキスを配合

刺激をやわらげ、かゆみやふけを抑える成分が多く、敏感肌の方にはうれしいシャンプーと言えるでしょう。

全体の特徴としては、強い洗浄力でしっかり洗うタイプというより、低刺激の優しい成分でしっとり頭皮環境を整えていくタイプのシャンプーと言えます。

 

BUBKAスカルプケアシャンプーの定期コース

BUBKAスカルプケアシャンプーは、単品で3,990円。

定期コースで3,065円という価格になります。

他の人気育毛シャンプーを見ると、相場は4,000~5,000円といったところですね。
BUBKAスカルプケアシャンプーはどちらかと言えば安い部類に入ります。

 

定期コースに関しても、いつでもやめられるという良心的な設定です。
最低でも3ヶ月は継続、といった決まりで安くしている育毛シャンプーも多いので、うれしいポイントですね。

 

BUBKAスカルプケアシャンプーの評判

BUBKAスカルプケアシャンプーの公式サイトへ

・業界初の頭皮の常在菌に着目し、乳酸菌を配合したシャンプーです。
・7種のアミノ酸系由来成分を独自ブレンドしました。
・業界初!シャンプーにコールドプロセス製法を採用しました。
・業界初のオイルケラチンを配合。
・オールインワンケアで洗いすぎの防止にもなります。

 

公式サイトへは以下からどうぞ!

カテゴリ:アミノ酸シャンプー 

1 2 3 93
カレンダー
2019年10月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリー
最近の投稿
サイト内検索

ページの先頭へ

error: Content is protected !!