ボタニカルシャンプーとオーガニックシャンプーの違いとは?

ボタニカルシャンプーとオーガニックシャンプーの違いとは?

 

 

ボタニカルとは?

ボタニカルとは

 

「植物の」または

「植物由来の」という意味です。

 

由来(ゆらい)とは?

物事がいつ,何から起こり,

どのようにして現在まで伝えられてきたかということ。

また,その起源・歴史。いわれ。来歴。

 

ヘアケア用品だけではなく

ファッションやインテリアまで広く用いられる言葉ですね。

 

ファッションやインテリアでは、

ボタニカル柄というと植物をモチーフにした柄のことを指します。

 

 

 

 

一方、ヘアケア用品にもボタニカルシャンプーなど、

ボタニカルを取り入れているアイテムが多く見られます。

 

 

これらのアイテムに使われるボタニカルは

植物由来といった意味で、植物の成分を配合してあるヘアアイテムに使用されています。

 

 

オーガニックとは?

 

オーガニックとは、有機体と言う意味で、

化学肥料や農薬を使用しないで作った野菜、

添加物を入れていない食料品などを指す言葉として農業からきた言葉です。

 

 

つまりオーガニックとは農法のことで、

オーガニックハーブやオーガニック野菜という言葉は、

化学肥料や化学農薬を使用しない農法で生産されたのもを指します。

 

 

それが、コスメやシャンプーなどの美容業界に

“良い物”“安全”という肩書きを持って入ってきました。

 

 

商品にオーガニックと名づけるためには、多くの基準をクリアしなくてはいけません。

 

・まず化学肥料や化学農薬を使わずに栽培することです。
・さらに3年間化学肥料や化学農薬を使用していない農地で栽培する必要があります。

 

 

ヘアケア用品では、

オーガニック農法で生産された原材料の成分を配合しているものを指します。

 

 

ボタニカルとオーガニックの基準

ヘアケア用品では、

JAS(有機栽培)マークで認証された有機野菜などと違い、基準が曖昧でした。

 

極端な話、有機植物由来の物が何パーセントか配合されていれば、

硫酸系の洗浄剤や刺激の強い防腐剤が入っていても、

 

“ボタニカルシャンプー”や

“オーガニックシャンプー”と謳って販売できるというわけです。

 

 

だからと言って、100%のボタニカルやオーガニック成分の美容薬品のみを基準にするのは、食料品などとは違い、洗浄剤やカラー染料など、美容における薬品は有機栽培の植物のみで作るのは不可能なのも事実です。

 

また、有機栽培で育てたオーガニックの原料が全て無条件で体や髪に良いというのは、

アレルギーや毒性、刺激もある植物もあるため、一概に言う事はできません。

 

ボタニカルとオーガニックの違い

シャンプーに代表されるヘアケア用品において、

ボタニカルとオーガニックの違いはかなり曖昧です。

 

オーガニックも植物由来の原材料を使用していますので、

ボタニカルの一部というように定義することもできるからです。

 

 

そのため、ヘアケア用品におけるボタニカルとオーガニックの違いは、

配合されている原材料がオーガニック農法で生産されたかどうか

という差のみになります。

 

 

上記のように『ボタニカル』や『オーガニック』だからと言って、

全てのものが安全というわけではありません。

 

 

しかし、オーガニックの認証団体もありますし、

シャンプーであれば成分表示の義務もあります。

 

 

安心して使える植物由来シャンプー

 

一番の売りはなんといっても、

“天然植物由来成分”+クリーンな水でできており、

極力化学由来の成分を押さえているところです。

 

 

市販のシャンプーは、洗浄剤として化学合成物質が含まれています。

 

そして、その中には髪にダメージを与えるものも少なくないことから、

髪に優しい、天然の植物由来のシャンプーを使いたいという声が高まっている現代にぴったりのシャンプーといえます。

 

 

ノンシリコンでありながらきしまない!

 

 

多くのノンシリコンシャンプーは使用後に髪がきしんだり、

ごわごわするという声を多く耳にします。

 

しかし、ボタニカルシャンプーはノンシリコンでありながらそれがありません。

 

それは、髪を洗浄する「界面活性剤」に何を使っているか、というところで変わるのです。

ノンシリコンシャンプーは、アルコール度が高い成分を使っているため、きしみがでます。

 

一方のボタニカルシャンプーは、

界面活性剤の中でも質の良いものを使っているので、安全性が高いことはもちろん、

弱酸性の石鹸成分としても知られる低刺激でしっとりした仕上がりを実現するのです。

 

 

ボタニカルシャンプーを使うことのメリット

 

 

頭皮の状態が良くなる

ボタニカルシャンプーを使えば環境にも優しいのです。

 

自然な植物由来の成分がほとんどで、合成添加物は使っていない事が多いです。

天然の石鹸成分で洗浄するので、頭皮に必要な油分を残して汚れや雑菌をきれいに洗浄し、頭皮の状態がとても良くなります。

 

高品質の自然派シャンプーなのに価格はリーズナブルなシャンプーが多いです。

サロン品質ですがサロン価格のシャンプーよりもずっと安く求められます。

 

どんなに環境や頭皮に良くても高価すぎては継続して使えませんから、

毎日使うなら価格は大事ですよね。

 

ボタニカルシャンプーはお財布にも優しいので、おすすめです!

 

毎日の髪の洗浄は優しく適度に油分を残して洗えるので、頭皮の環境は理想的です。
有効な植物成分が髪の水分や油分のバランスを整えてくれます。

 

髪や頭皮のダメージにも効果的

そしてダメージには効果的に働き、失われた毛髪成分を修復してくれる効果もあるのです。

 

使っていくうちに頭皮も健康に、ダメージ毛を芯から潤す効果が実感できます。

 

髪にも頭皮にも優しく効果的で、環境にも優しく髪もきしまずになめらかという

ボタニカルシャンプー、現代の女性たちには理想的ですね。

 

 

カレンダー
2019年10月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリー
最近の投稿
サイト内検索

ページの先頭へ

error: Content is protected !!