頭皮に良い・悪いシャンプーを判断するには洗浄剤を見極める!

シャンプーを選ぶ際に知っておきたい洗浄剤の知識

 

 

シャンプーの成分は?

 

 

シャンプーの成分は、90%以上が水と界面活性剤で構成されています。

 

界面活性剤は、洗浄効果を期待して配合されている成分です。

 

 

シャンプーのベースとなる水

シャンプーというのは基本的には水でできています。

水に様々な成分を追加して作られています。

そのため、最も配合量が多いのは水です。

 

水の種類は?

・不純物を取り除いた精製水

・自然界のエキスが溶け込んだ天然水

・ローズウォーターなどの植物から抽出した水

 

上記のほとんどが全成分には水としか記載されませんので

水にこだわっているかどうかはメーカーサイトなどで確認してみることも必要です。

 

 

界面活性剤の違いによるシャンプーの種類

 

洗浄成分の種類

・高級アルコール系シャンプー

・アミノ酸系シャンプー

・石けん系シャンプー

 

洗浄成分によって洗浄力や肌や髪への負担は大きく異なります。

 

・洗浄力
・肌への刺激
・髪への影響
・洗い心地

 

高級アルコール系シャンプー

”高級”なんて聞くと一見良さそうな印象を受けますが、

石油由来で皮膚への刺激が強い物が多いのです!

 

基本的には避けた方が良い洗浄成分。硫酸ベースなものが多いです。

 

成分のコストが非常に安いため、

値段を安く設定できますが、皮膚へのトラブルが非常に多い成分です。

 

シャンプーは毎日しないよ!

なんて言う人には向いているかもしれませんが、なるべく他の成分を使うことをお勧めします。

 

成分の表示例:

ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、

ラウリル硫酸アンモニウムなど

 

ドラッグストアで安価で手に入る

一般的なシャンプーの多くは、このタイプといえるでしょう。

 

アミノ酸系シャンプー

洗浄力は全体的に低く泡立ちが良くないものが多いですが、

皮膚への刺激が少なく安全性の高い洗浄成分です。

 

髪の毛に近い成分で出来ていて、

数ある洗浄成分の中でも非常に頭皮や髪の毛に優しいものです。

 

成分の表示例:

ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルメチルアラニンナトリウム、

N-アシルグルタミン酸塩など

髪のタンパク質を守りながら洗うことができ、乾燥肌やノーマル肌の人におすすめです。

 

石けん系シャンプー

石けん系シャンプーは、石けんと同じ洗浄成分で作られています。

 

成分の表示例:

石けん用素地、純石けん、脂肪酸ナトリウムなど

洗浄力が強く、脂性肌と相性がいいと考えられていますが、

アルカリ性なので髪がきしんだりパサついたりすることもあります。

 

 

界面活性剤からみるシャンプーの選び方

高級アルコール系、石けん系のシャンプーは

泡立ちがよく洗浄力が高いため、頭皮のベタつきが気になる人や、

朝つけた整髪料を寝る前にすっきりと落としたい人に向いているといえるでしょう。

 

しかし、頭皮の乾燥からくる以下のような症状が気になる場合は、

頭皮にやさしいアミノ酸系シャンプーを選ぶのがおすすめです。

 

・カサカサとした乾性のフケ
・頭皮のかゆみ
・抜け毛・薄毛
・髪のパサつき

 

上記のような髪のトラブル対策には、アミノ酸系シャンプーがいいですよ!

 

アミノ酸系のシャンプーは肌と同じ弱酸性で、洗浄力もマイルドなため、

乾燥などの外的刺激から頭皮を守っている皮脂を落としすぎることがありません。

 

そのため、頭皮の乾燥などトラブル対策には最も向いているといえるでしょう。

 

頭皮にやさしいシャンプー選びのポイント

 

頭皮へのやさしさを考えると弱酸性のアミノ酸系シャンプーがおすすめですが、

そのほかにも選ぶ際のポイントがあります。順に見ていきましょう。

 

成分表の見方を覚える

シャンプーに配合されている成分は、配合量が多い順に記載する決まりです。

 

そのため、成分表を上からよく見ていくようにすると、

主成分が何でできているシャンプーなのかがはっきりとわかるようになります。

 

アミノ酸シャンプーといいつつ、実際はアミノ酸洗浄成分が少量含まれているだけで、

主成分は高級アルコール系シャンプーのものなどもあるようなので注意しましょう。

 

保湿成分にも着目しながら選ぶ

頭皮の乾燥がとくに気になる人は、

配合されている保湿成分に注目しながら選ぶのもよいでしょう。

 

保湿成分には石油やアミノ酸に由来し、古くから安全性が確認されているもの、

動植物から抽出したものなど、さまざまな種類があります。

 

代表例をいくつかご紹介します。

 

・グリセリン
・ベタイン
・L-アルギニン
・トレハロース
・植物エキス(ヒオウギエキス、サンザシエキスなど)
・海藻エキス

 

シリコン・ノンシリコンシャンプーとは

 

 

シリコンシャンプーはどうでしょうか?

 

シリコンは界面活性剤ではなく髪に膜をつくるコーティング剤です。

悪者扱いされることの多いシリコンですが、それはなぜなのでしょうか?

 

実はシリコンシャンプーは、頭皮にも髪にもまったく悪影響はありません!

 

シリコンを悪とするようなシリコンに対する風評被害は、

コマーシャルや広告宣伝が作り出した完全なデマです。

 

ちなみに・・・正確には

 

シリコンは元素

シリコーンは化合物のことをいいます。

 

・シリコンはコーティング剤なので、洗い流すシャンプーには元々必要ないもの。

・シリコンはコンディショナーに必要なもの!

 

 

「無添加だから」と安心しない

 

 

頭皮への影響を考えると、「無添加」という表示につい注目してしまいますよね!

 

果たして「無添加」であることは、

本当に頭皮にやさしいシャンプー選びの基準となるのでしょうか?

 

 

結論からいうと、たとえ無添加と書かれていても必ずしも頭皮にやさしいとは限りません。

 

 

シャンプーを含む化粧品における「無添加」とは、

 

かつてアレルギーの危険性が指摘されていた102種類の「旧表示指定成分」

(香料や防腐剤、合成界面活性剤など)を指します。

 

そのなかには年月を経て安全性が高まったものもありますし、

それ以外に新たに登場した成分もあります。

 

そのため、

一概に「無添加=安心・安全」とはいい切れないことを覚えておきましょう。

 

旧表示指定成分とは?
設定されたのが昭和40年代という時代です。
いわば、今から何十年も前の話でもあり、

今では薬事法が改正され、全成分の表示が義務づけられています。

 

そのため、今は全部表示しなければいけないけど、

昔にアレルギー症状を引き起こす可能性があるとされた表示指定成分の事を、

「旧表示指定成分」と一般的には呼ぶようになっているのです。

 

旧表示指定成分が無添加というのは?

ですので、旧表示指定成分無添加というのは、

それら102種類の成分は含まれませんという宣言という事でもあります。

 

とはいえ、旧表示指定成分が無添加です。

と謳っている化粧品なら良いのですが、ただ無添加です!

 

と言う商品で、蓋を開けてみれば旧表示指定成分が配合されていないだけで、

他の石油系添加物は配合という事もたくさんあります。

 

特にこの旧表示指定成分は、アレルギーを引き起こす可能性があるとして、

厚生労働省が定めた正規の設定になるため、多くの人が知っているものです。

 

 

シャンプー解析の基本は消去法

シャンプーを解析していく上で大切なことは

 

あらゆる成分について詳しくなることよりも、髪や頭皮にとって負担となり、

トラブルの元となりうる成分に詳しくなることです。

 

髪や頭皮にとって良くない成分を知れば、それが入っていないシャンプーを選べば

髪や頭皮にやさしいシャンプーを選べる確率がグッと上がりますからね!

 

一言でいってしまえば、

硫酸系やオレフィン系といった洗浄成分が使われていないかどうかです。

 

カレンダー
2019年10月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリー
最近の投稿
サイト内検索

ページの先頭へ

error: Content is protected !!